INTERVIEW

なぜテクノスに入社しましたか?

就職活動を開始した時に考えていたのが、とにかくプログラミングができる環境で働きたいということでした。

それでシステムの開発ができる会社を探していました。リーマンショックの年の就職活動で大変な年でしたが、福岡に営業所を作るという話を聞いていたので、地元か東京かでやれるのではないかと考えて入社しました。

テクノスってどんな会社ですか?

ポジティブな意見を言うと実現してくれる会社です。

理念である「最高の社員満足度を通じ社会に貢献します」ということを大切にしているというのは、社員として非常に強く感じています。この理念で、さらに会社の環境が整って行くことが信じられますね。

最高の社員満足度を どんな時に感じますか?

デュアルディスプレイの設置とかは諦めていましたけど、次の日には実現していたことを持って本当に社員満足度を高めようとしているのを感じました。実は入社したときには理念は信じてなかったんですよね(笑)。

また、最近椅子が新しくなったのですが、それに関しては社内でこう変えた方がいいんじゃないかと誰かが言ったら、座り心地の良い椅子に変わりました。一日中パソコンを見ながら椅子に座っているので、良い環境になって来ているなと思っています。あとは、私が最初に社内でJava goldの取得をしたところ、今では新卒社員の取得必須の資格になっています。そういったことが実現して行くのを見て会社が良い方向に向かっているのを感じますね。

どんな人と働きたいですか?

新人であれば、プログラムが好きであってほしいですね。自分自身が働いてみて感じたのは、プログラミングの仕事だったら残業はきつくないので、コードを書き続けられるように勉強できる人と一緒に働けると嬉しいです。

中途の方であれば技術力の高さが重要だと思っています。ポジティブな意見を持って、会社を良い方向に変えられる人に来てほしいです。

将来の目標もしくは会社での
ミッションを教えてください。

直近の目標はAI関連の技術を既存の顧客との仕事や社内事業に活用することです。将来的には自分で何か技術的に新しいものが作れる環境に身を置きたいと考えています。

とにかくプログラミングが好きなので、これからもずっと書き続けて行きたいですね。

入社を希望される方へのメッセージ or
どんな学生に入社してきて欲しいですか?

プログラマーはプログラムが好きじゃないと続かないと思うので、プログラミングが好きな方に入って来てほしいです。

欲を言えば、テクノスが技術力の高い会社になれば良いと思っているので、優秀なエンジニアが入って、引っ張ってほしいです(笑)。

古賀 公次郎
開発第四部 上席課長

高専卒業後、九州工業大学院を卒業。平成22年(2010年)4月入社。
開発第四部上席課長として人工知能/研究開発また新人教育を担当。